銀行のおまとめローンはオススメ?

おまとめローンとは、簡単に説明すると複数のローンを1つの会社にまとめる(借り換え)ことです。おまとめローンは消費者金融でもやっていますが、銀行ローンの方が有利です。なぜなら一般的に銀行の方が融資限度額が高いからです。おまとめローンは複数の借入をまとめるのが目的なので、限度額が小さいとそもそも足りないということもあります。だから、銀行ローンの方がオススメです。

おまとめローンのメリット

おまとめローンのメリットは、複数の借入を1本化して返済先が1つになるため、毎月の返済が1度で済むということだけでなく、金利が低くなったり毎月の返済額を減らすという効果があります。

借入額が大きい方が金利が低くなる

一般的にローンは借入額が多い方が金利が低くなります。なので、複数の会社に少しずつ借金をするとトータルで高い金額を高い金利で借りていることになります。毎月の返済額には、元本と金利が含まれています。金利が高いとこの金利部分が多くなるので毎月返済していてもなかなか元本が減らないということになるのです。

そこで、おまとめローンで1社の銀行にまとめてしまえば、融資額がまとめられるので金利も低く設定してもらうことができます。金利が低くなれば、毎月の返済金額も減って返済の負担が軽くなります。さらに、返済計画次第では、返済期間を長くしてもらうことで毎月の返済金額をさらに減らすという相談も可能です。

どこで借りるか

このように、おまとめローンは、複数のローンを抱えて悩んでいる人や、それによって毎月の返済額が増えてしまったという人にとって便利です。ただ、実際どこにおまとめローンを相談したらいいか分からない人が多いようです。ローンと一言で言っても「おまとめローン」としては融資をしていないという商品もあります。それに、そういうローンに申し込んでしまうと、単に他社借り入れの多い人からの申込みということで審査に落ちることになるでしょう。


そこで、おまとめローンを受け付けている中で、ネットで申込ができて、比較的限度額が大きく金利も低めの金融機関をご紹介します。

セブン銀行ATMならスマホだけで入出金が可能!

限度額 最大1,000万円! 預金連動で計画的な返済が可能に!
東京スター銀行の「おまとめローン」は金利 5.8% ~ 14.8% (保証料を含む)と業界最大級の融資限度額 最高 1,000万円が魅力。おまとめ専門のローンだから安心して相談ができます。「おまとめ」で返済額が減れば(※1)お金に余裕が生まれます。また、預金連動で預金と同額のローン残高に金利がかかりません。いざというときの為ある程度貯金は残しておきたいもの。預金連動は預金が返済と同じ効果が得られます。手続きはネットで簡単!来店不要!
※1 必ずしも軽減されない場合があります。
直近、複数社でローンをお申込頂いた方は、審査に通りづらくなります。
貸金業法に基づくおまとめローンで完済しよう!
SGファイナンスは、貸金業者。だから、「貸金業法に基づくおまとめローン」が利用できます。貸金業法に基づくおまとめローンは本気で完済を目指すことのできるおまとめローンです。何社からも高い金利で借りている人は、おまとめローンで一本化して金利を下げて毎月の返済負担を減らしましょう。金利は 9.85%〜18.0%、最大融資額は 300万円。また、中小の業者ですが、審査最短30分、即日融資も可能など大手に引けを取らない迅速さです。更に、フリーローンだけでなく、事業者向けローンや不動産担保ローンの相談もできるので幅広くお金の相談ができます。申込みはスマホやパソコンから。来店不要なので全国対応可能です!
フリーローンからビジネスローンまで多様!
「ご融資どっとこむ」には、フリーローンの他、借換ローン、おまとめローン、不動産担保ローン、事業者向けローン、住宅ローン、レディースローンと、多彩なローン商品があります。どのプランがいいのか、こんな理由で借りられる?といった相談レベルからでもまずは相談できます。特に、おまとめローン、借りかえローン、事業者ローンは、大手消費者金融と比べても得意としているようです。金利は、15.0%〜20.0%ですが、おまとめ・借り換えローンなら、7.3%〜15.0%と低い金利になります。最大融資額も500万円。これなら他社から借り換えのメリットも十分ありますね。申込みはパソコン・スマホからなので全国対応です。振り込み融資にも対応しています。

サンクスダイレクト

本気で完済を目指すなら貸金業法に基づくおまとめローン
サンクスダイレクトは金融庁登録の正式な貸金業者。だから、「貸金業法に基づくおまとめローン」を利用できます。貸金業法に基づくおまとめローンは、他の消費者金融で借りている借金を借りかえて1社で返済する方式で、その間追加の融資は受けられません。他社への返済も代理で行われるのでうっかり使ってしまう心配もありません。だから、本気で完済を目指すには最適なおまとめローンです。自分は目の前にお金があると使ってしまうという心の弱い人には最適です。金利は 15%〜18%(不動産担保なら4.5%〜12%)最大融資額 300万円、申込みはスマホからOK、来店不要なのでどこにいても融資を受けられます。

キャッシングエニー

貸金業法に基づくおまとめローンで完済を!
キャッシングエニーのおまとめローンは、「貸金業法に基づくおまとめローン」。他の消費者金融で何社からも借りている人は、一本化して金利も下げてもらいましょう。また、フリーローンとは違い、おまとめローンの金利は 5.0%〜15.0%の安心金利。最大融資額も500万円と頼れる内容です。また、おまとめローンの場合、年収の1/3以上でもOKです。もちろん担保・保証人は不要。申込みはパソコン、スマホから。全国対応です!

プロミス

最短1時間融資も可能!30日間無利息サービス!
おまとめローンご希望の方は、WEBから申込後にオペレーターに相談してください。おまとめ専用なので他社借り入れがあっても気軽に相談できます。ただし、本気で債務ゼロを目指す方のみが対象です!もし他社借り入れを合算しても年収の6分の1に満たないという程度であれば、普通にWEBからフリーキャッシングを申し込み他社に一気に返済してしまうのが一番早いです。プロミスは最短1時間融資も可能なのでお急ぎでも安心です(※1)。それに30日間無利息サービス(※2)で利息負担も少しでも軽減できます。夜間土日祝日でも、WEB申込後に無人契約機や三井住友銀行のローン契約機に行けばカード受取りができその後すぐに借りられます。また、女性で申し込むのがちょっと怖いという人は、プロミスレディース がオススメです。オペレーターが全て女性です。

※1 平日の14時までにWEB契約完了が必要
※2 メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要

モビット

金利が低く限度額も高い!おまとめにも便利!
モビットに「おまとめローン」という商品はありませんが、消費者金融の中では比較的金利が低く限度額も高い(金利 3.0%~18.0%、最大限度額 800万円)のが特徴。そのため、条件によってはおまとめローンとしても使えます。また、WEB完結申込なら電話連絡や郵送物もない(*1)ので誰にも知られたくない人には好都合です。即日振込(*2)も可能!10秒簡易審査は、少ない入力項目で事前審査の結果が10秒で表示されます!

*1 WEB完結申込の利用には三井住友銀行又は三菱東京UFJ銀行に自分名義の普通預金口座を持っていて且つ社会保険証(又は組合保険証)を持っていることが条件です。また、審査で確認が必要と判断した場合は電話連絡があります。
*2 即日振込融資は、14:50までの振込手続完了が必要です。ただし、審査結果によっては希望に沿えないこともあります。

アコム

融資限度額が最高800万でおまとめにも使える!
アコムは、比較的金利が低く(3.0%~18.0%)融資額も最高800万円と高め。最短1時間で融資実行(※1)なので急いでる時も便利。更に、クレジットカード一体型カードも発行できる!借りずにそのままショッピングで使える便利さ。

※1 審査完了後、運転免許証(交付を受けていない方は健康保険証等)を平日14:00までにFAX送信(FAXで契約の場合も必要書類を平日14:00までにFAX送信)しアコムがそれを確認した場合。また、借入総額により収入証明書(源泉徴収票等)が必要です。

おまとめローンでの返済計画の立て方

おまとめローンによる返済計画の立て方は大きく2つあります。
  • 毎月の返済額を減らす
  • 総支払額をできるだけ少なくする
おまとめローンを検討している人が一番困っているのが毎月の返済額です。毎月の返済額を減らすには、おまとめローンで金利が下がることでも実現しますが、返済期間を長することでも実現できます。

次に、返しても返しても元本が減らないという悩みには、やはりおまとめローンで金利が下がれば解決しますが、金利が下がった分毎月の返済額は変えずに返済期間を短くすると更に総返済額が少なくなります。ただ、無理は禁物なのできちんと生活が維持できる範囲に抑えておいた方がいいでしょう。

このように、おまとめローンでは考え方によって返済の仕方も変わってきますから、ご自分の状況に応じて何が最適化を融資担当者と相談するといいと思います。

おまとめローンのメリットの具体例


A社に 90万(金利15%)
B社に 150万(金利10%)

で借金をしていたとします。これをC社におまとめローンで借り換えをすると、

240万 (金利6.9%)

となり、金利がグンと下がります。金利が下がれば総返済額が下がります。よって、毎月の返済額も減って生活が楽になります。

おまとめローンのデメリット

おまとめローンはメリットばかりではありません。おまとめローンのデメリットもあることを知っておいてください。

デメリットとは、借り換えたら総返済額が増えてしまうことがあるということです。

おまとめローンを契約するときは、契約手数料が必要になります。契約手数料は金融機関によって変わってきますが、借入額の○%というところが多いです。この手数料は結構見落としがちで、総支払額として考えたら高くなってしまったということも考えられます。おまとめすることが目的となってしまい、手数料のことを忘れないよう冷静に計算しましょう。

また、毎月の借金返済額を減らすという返済計画の為に返済期間を延ばした結果、金利は下がっても総返済額が増えてしまったこともあります。ただし、この場合は毎月の返済金額が少なくなりますから、総返済額が増えたとしても毎月の返済金額を減らして生活が破綻しないようにしたいという目的の場合には正しいおまとめローンの使い方です。

つまり目的によって、おまとめローンのデメリットはメリットにもなり、その逆もあるということです。自身のおまとめローンの目的を明確にしてその目的が達成できるかよく計算しましょう。

おまとめローンに通らない理由

おまとめローンには、やはり審査があります。おまとめローンの審査は、はじめてキャッシングをする人の審査よりは厳しくなるはずです。なぜなら、おまとめローンの相談をする時点で既に借金を抱えているからです。

もちろん、既に返済が滞っている人はおまとめローンの審査に通る可能性も低いといえます。銀行は、個人信用情報を参照してどこにいくら借りていて返済に遅滞がないか、簡単に調べることができます。特に遅滞があるのは審査に大きく影響します。そうなった場合は、遅滞の原因が毎月の返済負担が大きいからであって、おまとめローンに借り換えることによって今後は問題なく返済できるということを熱意をもって融資担当者に伝えましょう。責任をもって返済する気があることが伝われば審査が通る可能性もあります。

ただ、それにはきちんとした収入があることも大前提です。収入から毎月の返済を差し引いてきちんと生活できるのかどうか。もしそれが生活もままならないという状況であれば、いずれ返済も滞る可能性も高いわけですからおまとめローンの審査が通る可能性は低いと言えます。

いずれにしても、申し込んでみないと審査結果がどうなるかは分かりませんので、まずは行動することが重要です。

このページの先頭へ