キャッシングでは利息にいつも注意しています

キャッシングの利用で気を付けなければならないのは利息です。

私はキャッシングを利用するときはいつも利息がどれくらいになるのか計算するようにしています。キャッシングの利息を計算する方法は小学生の算数レベルなので難しくはありません。

借入額に借入利率を掛けて、そこに更に借入日数を掛け、それを1年の日数で割ればいいのです。

例えば、3万円を借入利率18%で借り、15日間で返済したとして計算すると利息は約221円ということになります。

返済するまでの日数が7日間だとすると利息は約103円となります。これからも判る通り返済するまで日数が短くなればなるほど利息は小さくなるのです。

同じ借入額であるなら借入日数を短くするほうが利息は安くなるので、私はキャッシングを利用するときはいつもパート代が貰える日までの日数を計算に入れるようにしています。借入日数を可能な限り短くするため、お金が足りなくなってもギリギリまでキャッシングの利用は控えるようにしているのです。

利息がどれくらいになるのか自分で計算するということは、注意してキャッシングを使うということに自然に繋がっていくとも思っています。返済が遅れたりすると肝心なときにキャッシングの利用ができなくなってしまうことも考えられます。そうならないようこれからも用心しながらキャッシングを利用していくつもりです。

このページの先頭へ